中学部

【通常授業の特徴】

  • ■ 英・数を中心に全学年5教科対応しています。
  • ■1日40分×4教科の授業を行い徹底指導していきます。(中3は9月以降、1日50分になります)
■対象の中学校■
中郡
二宮町
二宮中学校、西中学校
小田原市
橘中学校

学習塾の様子

<中学1年生>
英語 アルファベットから始まり、これから始まる英語学習の土台作りを行います。英語が得意になるかどうかは中1の内容がしっかりマスター出来ているかが全てです。文法事項・本文内容とも繰り返し反復することで、揺るぎない土台を作っていきます。
数学 まずは学校の教科書内容の完全定着を図ります。数学は計算等の基本が定着していないと応用問題は絶対に解けません。フジキン学院では、逆に基本さえしっかり身に付いていれば応用問題も解けるという考え方で指導を行います。基本を完全にマスターした上で定期試験での高得点を目指します。
国語 教科書本文の音読を通じて、「読む」ことへの抵抗をなくしていきます。その中で小・中の隔てなく漢字をマスターしていきます。文法事項は「単語の種類」と「文の成分」の習熟を目指します。また、記述式の解答の指導も並行して行います。漢検への挑戦も通年でサポートしていきます。
理科 一分野・二分野とも、まずは興味を持って勉強できるような授業作りを行っています。標準レベルの問題を反復練習させ、定期テストで高得点を挙げることで、理科好きな生徒を一人でも多く作ることを目標にしています。
社会 学校内容を中心に授業を行います。試験前は各学校に対応したフジキン学院オリジナルの対策プリント等を使って、1点でも多く得点できるように指導します。また、中1の段階から学校の宿題・提出課題の指導も徹底し、総合的に内申点を取らせるようにしていきます。
<中学2年生>
英語 中1内容の「土台」にさらなる上積みをしていきます。当然前学年の内容にも常に触れながら、教科書の基本文法の完全マスターを目指します。単語・熟語力にも差が付いてくる学年なので、常に確認テスト等を行いながら習熟させていきます。
数学 まずは学校の教科書内容の完全定着を図ります。中1から継続して、基本的な計算・考え方を反復練習によって徹底的に身につけさせます。基本を完全にマスターした上で神奈川入試に必要な内申点の確保を目指します。
国語 国語が苦手な生徒には漢字の習熟の徹底を図り、定期試験の得点の底上げを強化します。また、記述式問題に対応する力を問題演習を通じて指導していきます。文法事項は「用言の活用」を重点項目とし、その習熟を目指します。漢検への挑戦も通年でサポートしていきます。
理科 闇雲に問題を解くだけでは実力の定着を図れません。授業内で取り上げる問題は、標準レベルで定期テストに頻出の問題です。問題数は多くないですが、フジキン学院では少ない(質の良い)問題を「繰り返し」解くことで、最大の効果を上げるように工夫して授業を行っています。
社会 学校の定期試験対策はもちろんのこと、社会科の成績アップには欠かせない学校の宿題・提出課題の指導を徹底していきます。また、入試に向けて日々勉強する習慣を持たせるような授業作りを工夫しています。
<中学3年生>
英語 夏前までは学校内容をしっかり定着させ、まずは内申点のアップに全力を注ぎます。夏休み以降は、入試を睨んで読解を中心に、入試英語を解く力を養っていきます。同時に中学必須語句の完全マスターを図ります。
数学 まずは学校の教科書内容の完全定着を図ります。数学は計算等の基本が定着していないと応用問題は絶対に解けません。フジキン学院では、逆に基本さえしっかり身に付いていれば応用問題も解けるという考え方で指導を行います。基本を完全にマスターした上で入試での高得点を目指します。
国語 夏前は内申点のアップに的を絞り教科書内容の得点力向上を図ります。文法事項は「敬語」と「助動詞」を重点項目とし、その習熟を目指します。後期の中間試験終了後、過去20年間の神奈川入試問題を使って、各ジャンル別に解答手順を指導解説していきます。漢検への挑戦も通年でサポートしていきます。
理科 夏前までは学校内容をしっかり定着させ、まずは内申点のアップに全力を注ぎます。夏休み以降は、入試で必要となる知識を最重要頻出項目に絞って基本から説明します。精選された演習問題を通じて基本事項の徹底理解を図り、学力の完全定着を目指します。
社会 夏前までは「公民」を中心とした学校内容中心の授業を行い、夏休み以降は入試対策授業に切り替えていきます。地理・歴史等、中1・2の単元をもう一度すべて復習し、入試で高得点を狙えるようにしていきます。

【定期試験対策】

夏の陣は6月、秋の陣は11月、冬の陣は2月と各定期試験前に約3日間、朝から夕方までの日程で、本気で集中する講座になります。
持ち物は、『気合と根性と弁当だ!』

フジキン学院試験の対策中!

【授業の曜日と時間・月謝・その他諸費用】

曜日 授業時間 月額授業料 年間教材費
前期(3月~) 後期(9月~)
中1 月・木
2019年4月より
火・金
3月~8月
19:00~21:30
\20,800 \17,280 \17,280
9月~2月
19:00~22:00
\24,840
中2 火・金
2019年4月より
月・木
19:00~22:00 \24,840 \19,440 \19,440
中3 水・土 3月~8月
19:00~22:00
\27,000 \21,600 \21,600
9月~2月
19:00~22:00
\32,400
  • ※前・後期の教材費はテキスト代・コピー代を含んでおります。
  • ※春・夏・冬の講習費は別途かかります。
  • ※中学部は年間3~5回の模擬試験代を別途いただきます。
  • ※中学3年生のHighクラスに在籍している生徒は模擬試験の回数が多くなります。
  • ※兄弟姉妹が同時に在籍する場合は、1名につき\2,100の割引となります。
  • ※天災(台風・雪など)で休塾になることがあります。

トップへ戻るgo to top